平成26年 門脇家春季公開見学会の日程が決まりました。
時期:5月3日(土)~5月6日(火) 4日間
時間:9:00~16:30(16:30閉門)

大山町所子に在る門脇家住宅は、昭和49年2月5日に国指定重要文化財に指定された。
「門脇家は大山の北のふもとに位置し、江戸時代には代々この地方の大庄屋を
つとめた。
家蔵の文書によると、主屋は明和6年(1769)に建てられ、木造茅葺で伯耆の国
特有の寄棟造りであり、太い梁を縦横に高く積み上げた構えは、他に類を見ない
豪壮なものである。
この住宅は、改造が少なく、保存も材質もきわめてよく、県内の大型民家を
代表するものである。」 門脇家住宅案内板より

昨年は門脇家の都合により公開はありませんでした、今年は皆さんご一緒に見学
されてはどうですか。
あわせて、平成25年12月27日に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された
所子地区全体を見学されてはどうでしょうか、ガイドさんも居られるかも。
車で来られる方は、駐車場は大山武道館の前ですので気をつけてください。