少しアップするのが遅くなりましたが、5月31日(土)13:30~伝建地区の所子集落で、田植えをする事になりました。
子供の日の頃に餅の籾を種蒔きし、5月31日に合わせて準備をしています、
小学校の生徒が父兄と一緒に、昔ながらの綱を定規として、手植えをする予定です、
天気が少し心配ですが、うまくいく事を願っています。

餅苗が順調に育ち10月には稲刈り、はで掛け、そして脱穀、できるだけ昔ながらの方法で、計画
しています。

そして11月の新嘗祭(現在の勤労感謝の日)には神様に豊穣を感謝して、餅をつき、神様にお供えをして、
皆で餅を味わいたいと思います。

最後になりましたが、餅の品種は「八代餅」で昨年の10月に藁を賀茂神社の注連縄に使用して好評でした、
植える広さは全部で8アール、子供たちが植えるのはその内の少しだけです。

田植え、苗の成育状況、稲刈り、はで掛け、稲こぎ、それぞれの作業をできれば写真付きで、アップするつもりです。

お世話をするのを「臼の会」と呼ぶ事にしました。